小さな顔は羨ましがられる|小顔を目指して美容外科へレッツゴー

女の人

顔の大きさを解消する

医者と看護師

顔を小さくしていくには

顔の大きさで悩む場合は、小顔になるための整形が満足できる結果を出してくれます。顔が大きく見える場合は、もともとの骨格、そして顔に付いた脂肪などがだいたいの原因となります。脂肪をスッキリと落とし、骨格までも理想の形にしていくには整形による小顔の効果が一番です。その小顔になれる整形には、骨格が原因となっている場合は骨を削っていく方法が取られます。骨の構造を詳しく分析するため、CT画像で問題の部分を把握し、あごやエラの部分を削るようにしていきます。また、骨格ではなく筋肉の発達で顔の大きさを強調している場合もあります。その場合は、ボトックス注射で筋肉の働きを弱めていくようにします。これらの方法で目立っていた部分が落ち着いてくるようになるので、憧れの小顔に近づけます。脂肪が原因となっている場合は、脂肪溶解注射や脂肪吸引によって即効性のある効果が期待できます。これらは術後から数日以内で効果を出すことができ、顔が腫れたりするような場合もほとんどありません。また、二重あごのせいで顔が大きく見えてしまうときは、同じように脂肪を取り除いていく整形が行われます。しかし、二重あごはあごが引っ込んでいる骨格が原因となっている場合もあります。そういうときは、ヒアルロン酸の注入やシリコンプロテーゼの挿入で解消させるようにします。

求められる風潮と実現性

小顔であることは、全体的なプロポーションをバランスよく保っていく効果があります。モデルの人が長身でありながら小顔が多いように、バランスの取れた体型が理想となってくるのです。そのため、日本人は身長が高くない分、小顔を求める傾向が強いです。こういった風潮の中、顔が大きく見えてしまうのはコンプレックスに感じてしまう人も少なくありません。脂肪によって顔が大きく見えてしまうときは、しつこい脂肪を落としていくのは大変です。また、骨格が原因を作り出しているときは、自分ではどうすることもできません。このような事態を含めて、整形による技術が解消に役立ってくれます。しつこい脂肪を簡単に落としていき、骨格も安全に削っていくので小顔を諦める必要はありません。骨格を削る整形では、安全性と高い技術が求められます。経験豊富で信頼できる美容外科では、なるべく負担のないように手術を行ってくれます。骨格が変わるだけで顔の大きさもかなり変わるようになるので、大きな効果が期待されます。これとは反対に、メスを使わずに小顔になる方法も充実しています。成分の注射や顔の脂肪吸引もそこまで負担が少ないため、気軽に受けられるメリットがあります。