小さな顔は羨ましがられる|小顔を目指して美容外科へレッツゴー

女の人

効果的な施術

医師

理由をはっきりさせる

日本人は西洋人に比べて等身が低く、プロポーションに難があるとよく言われます。顔を引き締めて小顔にすれば、体全体とのバランスが取れて、見栄えのするスタイルを手に入れることができます。また顔のサイズを小さくすることで、相対的に顔のパーツが大きく見え、くっきりした印象を与える効果もあります。顔痩せのためにはフェイシャルエステなどの方法もありますが、即効性が高く確実な小顔効果を期待できるのは美容整形です。大きな顔がコンプレックスになっている方や、モデルのような小顔に憧れている方に、小顔整形は人気の高い施術です。一口に小顔整形といっても、施術方法はたくさんあります。まず顔の大きい理由をはっきりさせることが大切です。たとえば皮膚がたるんで輪郭が緩んでいる場合や、脂肪がついて二重あごになっている場合があります。また筋肉が発達しすぎたり、骨格の形のせいでエラが張っていることもあります。さらに顔のサイズは小さくても、顎が後退しているせいで大きく見えてしまう場合があります。美容整形外科ではそれぞれの理由に応じて、最も適切な施術を行ないます。クリニックによって得意とする施術が違うので、あらかじめ調べておくことをお勧めします。

各種施術の内容は

皮膚のたるみが原因で顎や頬が垂れ下がっている場合には、フェイスリフトなどの施術が効果的です。手術でたるんだ皮膚を引き上げ、輪郭を引き締めるだけでなく、ほうれい線などのシワを伸ばすことになるため、若返り効果も期待できるというメリットがあります。傷跡が気になるという方は、糸で吊り上げる施術やマシンで引き締める施術も選べます。脂肪がついて下ぶくれになっている方には、脂肪吸引やメソセラピーなどが有効です。顔だけ痩せるのは非常に難しいとされていますが、脂肪吸引なら確実に細くすることが可能です。メソセラピーは薬剤で脂肪を溶かし、自然に排出させる施術です。痩せたい部分にピンポイントで効果を発揮させられます。筋肉が発達しているときには、ボトックス注射で咬筋の力を弱める施術が行なわれます。一度の注射で効果は半年ほど続き、何度も繰り返すほど持続時間が長くなるとされています。骨格の形を変えるには、顎骨や頬骨を削る手術を行ないます。本格的な手術になるので、設備の整ったクリニックで受けることが大切です。顎が後退しているなど、全体のバランスが悪いせいで顔が大きく見えている場合は、ヒアルロン酸やプロテーゼ挿入などで逆に小顔にできることもあります。美的感覚の優れた医師なら、効果的な方法をアドバイスしてくれるでしょう。