小さな顔は羨ましがられる|小顔を目指して美容外科へレッツゴー

女の人

望みの顔を手に入れるには

鏡を持つウーマン

注射治療も様々

小顔になりたいと様々な努力をしてもなかなか結果に結びつかないことがあります。その場合費用は多少かかりますが整形という手段も考えてみてはどうでしょうか。最近はプチ整形という簡単な治療も人気となっています。これは本格的な整形より料金もかなり格安です。プチ整形で幅広い年代の女性に人気なのがヒアルロン酸注射です。これをアゴや鼻、額などに注入することでメリハリのある顔にして小顔効果を生み出します。またヒアルロン酸を注入することで顔に張り出したエラを目立たなくさせ小顔に見せることもできます。アゴの筋肉が張り出したエラはボトックス注射で小さくすることもできます。注射で筋肉を麻痺させて収縮力を弱めることでアゴのエラを改善することが出来るのです。ヒアルロン酸もボトックスも様々な種類があり持続期間も料金も違ってきます。また医師の技術によっても術後の効果には違いがあります。最近注目を浴びているのが脂肪溶解注射です。これは植物由来の成分や海藻由来の成分などを注射して余分な脂肪を除去する治療です。アゴや頬などのたるみの原因となる脂肪を取るには整形がおすすめです。成分は海藻由来や植物由来などがありクリニックによって使う薬剤は違います。

切開する場合も

脂肪溶解注射は脂肪吸引より手軽で体に負担の少ない治療です。体内で溶解した脂肪は老廃物として尿とともに排出されます。また脂肪細胞を減らすことができるので効果は半永久的です。注射治療の施術時間はどれも長くて30分ほどです。ダウンタイムも少なく腫れもメイクで隠せる程度です。小顔にするには医療用の糸を顔に挿入する整形もあります。糸も状況に応じて様々なタイプが使い分けられます。糸で顔のたるみを引き上げ、引き締める効果が生まれます。この治療は挿入する糸の本数によっても効果が違ってきます。たるみが顕著な場合は糸も多く必要になります。必用な本数は医師と相談して決めることが必要です。技術のある医師なら最小限の本数で優れた効果を生み出すことができます。また糸は周りの細胞を刺激してコラーゲントンネルを作ります。これにより肌に弾力が出てシミのない若々しい肌がよみがえります。顔のエラが筋肉ではなく骨が原因の場合は手術で削る手術が必要です。またアゴや鼻の形を整えるのにプロテーゼといった人工軟骨を使う場合もあります。人口軟骨はヒアルロン酸注射などより半永久的な効果があることで人気です。また最近の手術は溶ける糸が使われるので基本的に術後の通院の必要はないようです。