小さな顔は羨ましがられる|小顔を目指して美容外科へレッツゴー

女の人

顔を小さくする施術

頬を触る女性

メスを使わない施術

モデルや芸能人のようなシャープなフェイスラインの「小顔」になりたいと、美容整形外科に相談に来られる方が、年々増加しています。小顔の相談に来られる方は殆どが女性ですが、近年男性の美意識の高まりからか、男性からの相談も増加傾向にあるとされています。一般的な美容整形外科での小顔整形は、メスを使わないプチ整形が現在最も人気があります。また「プロテーゼ」という素材を、鼻やあごに外科手術にて挿入し、希望通りのフェイスラインを形成する施術も大変人気があります。まずメスを使用せずに行える小顔整形の代表的な施術が、頬の脂肪吸引を行いその採取した脂肪をあご先に注入する、一般的には「プチ整形」と呼ばれている施術です。シャープなフェイスライン、アゴのラインを作り出すことができ、美容整形の本場である韓国では最も有名で定番の施術とされています。効果は半永久的であり、ダウンタイムも短いのが特徴です。また、「エラ」が気になる人にお勧めの小顔整形が「ボトックス注射」です。ボトックス注射とは、筋肉を少し麻痺させ、細くする効果のある「ボツヌリス菌」をエラの筋肉に注射するだけの施術です。エラを目立たなくさせるだけでなく、シワの改善にも効果があるのが特徴です。

外科手術による施術

美容整形外科で、現在人気の高い小顔整形が「プロテーゼ」と呼ばれる素材を、アゴに手術で挿入する方法です。プロテーゼとは人体に無害な「人工軟骨」であり、このプロテーゼを用いてアゴに少し高さを出すことで、小顔効果と顔全体を引き締める効果を得られるのです。挿入するプロテーゼの形や大きさは、理想のフェイスラインに合わせて専門医と相談して決定されます。一人一人の顔の輪郭や、アゴの形を考慮しプロテーゼは形成されますので、美しく自然な小顔を手に入れることができるのです。プロテーゼの挿入は口の中から行いますので、傷跡は目立ず、ダウンタイムも短いのが特徴です。またプロテーゼは鼻を高くしたい場合に、鼻への挿入も可能です。最後に、アゴがしゃくれている・長くて目立つ場合は外科手術による骨削り・骨切りの施術でしか、改善はできません。手術時間は美容整形外科によって差もありますが、1時間半から2時間程度が平均です。全身麻酔を使用して手術は行います。骨切り手術を行った場合、切った骨部分を固定する為に「チタン」という金属製のプレートを挿入します。チタンは医療の現場での活躍が多い金属で、空港などの金属探知機では検知されません。